BE PART OF PROGRESS

ASMLはオランダに本社を置き、世界中の顧客に半導体露光装置を供給しているリーディングカンパニーです。
皆さんが普段手にしている最先端デバイスはASMLの装置がないと作ることが出来ません。
そのためASMLの技術は今後の産業発展に必要不可欠な存在となっています。
半導体露光装置は日進月歩で進化していくため、常に新しいことを学ぶ姿勢が重要です。
ASMLなら最先端の技術に直接触れられる環境がすべて揃っています

ASMLについて

  • 1984 年設立
  • 世界115カ国19,216人 の従業員
  • 16カ国・60都市 にオフィスを置き
  • 約1兆2千億円(90億ユーロ) の売上高
  • 約2800億円(2100百万ユーロ) の純利益
  • 約1600億円(1200百万ユーロ) の開発費
  • 世界の名だたる 半導体メーカはすべて
  • ASML のお客様です
  • *2017年実績/1ユーロ134.36円

ASMLジャパンについて

ASMLは、1993年に日本で装置の販売を開始し、2001年5月に米SVG社の日本法人であったエスブイジー・ジャパン株式会社を拠点として日本市場に本格参入することになりました。2001年12月には社名をエーエスエムエル・ジャパン株式会社に変更、以来、露光装置の輸入・販売および保守サポートを行っています。お客様のご要望にいつでも迅速にお応え出来るよう、全国各地に現地サポート拠点を構えています。

Teaser visual
フィールドサービスエンジニア

フィールドサービスエンジニア

主な業務内容- 装置トラブル対応、 保守メンテナンス業務 ASMLの顔というべき最前線の重要なポジション. お客様先に常駐し、トラブル発生時に可能な限り早く装置を復旧、生産復帰させるトラブルシューター. 手作業で機械をメンテナンスするメカニカルな部分と、工具ソフトで診断・調整を図るソフト分野の双方の知識をもって仕事に取り組みます. テクニカルサポートエンジニアとの協業トラブル発生時、現場では対処できない時はテクニカルサポートエンジニアに問い合わせをして対応・解決策を導きます。

Teaser visual
テクニカルサポートエンジニア

テクニカルサポートエンジニア

主な業務内容-・社内顧客担当者との状況・対応確認 ・診断調査、交換調整、校正等をリモートによる技術サポート。 ・顧客先のクリーンルーム内でオンサイトによるサポート。 ・セオリートレーニングやOJTの研修提供。 ・フィールドサービスエンジニアの技術力向上 ・フィッシュッボーンチャート等のソリューションデータベースの充実や長期故障調査。 ・技術資料やトレーニング資料作成。・新人メンバーのトレーニングプラン。・プロジェクト支援

Teaser visual
フィールドアプリケーションエンジニア

フィールドアプリケーションエンジニア

主な業務内容-重ね合わせ、解像力、スループット、欠陥など、露光機が原因で発生する様々な製品問題の原因調査。計測装置のレシピ最適化 装置の機能説明、製品に合わせた最適な使用方法の提案 新製品・新機能の評価 お客様とプロジェクトを締結し、本社メンバーと共に遂行 フィールドアプリケーションエンジニアは、お客様および本社メンバーと 頻繁にコミュニケーションをとり、装置の最適な使用方法を模索していきます。客先毎に求める性能が異なる為、全く新しい方法を考え出す想像力・技術力が求められます。